スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴメリ日記

朝晩は涼しいけれど、日中は残暑が厳しい埼玉です。
窓辺で寛ぐたま美さん。

20110910-4.jpg

20110910-3.jpg
20110910-1.jpg

20110910-2.jpg
家の中ではこんな感じ。
足がちょっとウサギっぽいです。






モンゴメリ日記〈1897~1900〉―愛、その光と影モンゴメリ日記〈1897~1900〉―愛、その光と影
(1997/01)
L.M. モンゴメリ

商品詳細を見る


さて、今日はアマゾンの古本で買った「モンゴメリ日記」が届きました。
まだ半分くらいしか読んでいないけれど、結構面白いです。

「容姿の点では、H氏は驚くべき被造物。残り物から造られていて、すべての部分があべこべにくっついているように見える!」
とか、
「もちろん好きな子も二、三人はいたけど、大部分の子はちっともかわいくなかったーーーがさつで、愚かな、怠け者。子供たちよ、永遠にさようなら。少しも残念に思わないわ!」(モンゴメリは学校の先生をしていた)
とか、
「ここの人々は、三家族を除いては、完璧な野蛮人。」
とか、すごい毒舌(笑)。
理性的で賢い人ほど、心の中ではこんなことを考えるものなのだな・・・と。

敬虔なクリスチャンで、つつしみ深く、どんな時にも自らの本心をさらけださない女性であったようですが、日記で鬱憤をはらしていたのでしょうね。
他にも日記シリーズがあるようなのですが、他のも絶対買おう!と思います。



にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ニヤキキさんe-266

そうなのです!
たまは、より目がちな猫で、猫じゃらしを追う時なども、すごい寄り目になるので、最初は驚きました。

モンゴメリは、毒舌だし、自分にもとても厳しいし、根明という風でもなかったようなのです。
夫も精神病だったし、本人もうつ病が悪化しての自殺だったようです。
没後50年に公開を許可された日記なのですが、作品を書くことにとても努力していた様子が伺えてとても感慨深いものがありました。

なかなか残暑が厳しいですねぇ。
熊本も2日続けて33度超えて暑いですe-441
モンゴメリって「赤毛のアン」書いた人ですよね。
毒舌なのかぁ(笑)でもアンの中の人物描写などは観察するのがうまいからこそ書けてるのかもしれませんね(^^)

窓の外を見てるたまみちゃんの目が寄り目になってるのが可愛いわぁe-266

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いたずらっこさんe-266

人の日記って面白いですよね。
けれど、モンゴメリは人に読まれること前提で書いていたようで、文章が装飾的で若干疲れます。
なぜか最近突然、私の中で赤毛のアンブームが始まったので、しばらくこの日記シリーズにはまりそうです。

そうそう。猫は裏表が無くて良いですよね~。
ツンデレ娘達の虜です。
モンゴメリも大の猫好きだったようです。
一度この魅力にとりつかれると、もうダメですね。

人の日記を読むって、ちょっとスリリングで面白そうですね
人間は裏表があるけど
猫は、真っ直ぐで正直です
世間の垢にまみれたおばちゃんの心も
みぃちゃんを見てると癒されますもん♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。