FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もだめかもー!

20110326-2.jpg
今年の夏に向けて、資格の勉強、一応やっています。

今日やったのは年齢別の発達の特徴
例えば今の息子に当てはまる5歳児について

●言葉によって共通のイメージを持って遊ぶ
●目的に向かって集団で行動
●自分達で決まりを作ったり
●判断、批判、許し、認め、仲間の一人としての自覚
●遊びを発展させ楽しむ
●大人に指示されなくても、次に取るべき行動が分かる
●生活の場を整える必要性を理解し、人の役に立つ事が嬉しく誇らしい
●心肺機能の高まり
●体全体を強応させた複雑な動き(なわとび、ボール遊び)
●自ら挑戦する姿
●手先の器用さ(小さなものをつまむ、紐を結ぶ、雑巾絞り、のこぎりで木材を切る)
●物事の対比能力(時間、空間認識)
●すぐに大人に頼らず、自分達で解決しようとする姿
●納得のいく理由で物事の判断が出来る基礎を培う
●気持ちを分かり易く表現、相手の気持ちを聞く力
●許したり、認めたり、社会生活に必要な基本的な力
●一人一人の成長が集団の活動を活発なものに変化
●自信と友達への親しみや信頼感



と、年齢ごとにこんな特徴が長々とした文章で説明されているわけです。
これが箇条書きになっていて、この特徴は一体何歳のものなのか、合っている組み合わせを選べ、という問題が出てくるわけです。
こんなにきっかり年齢別に区別できるものか・・・身近にドンピシャな子どもがいるので、その様子を毎日目にしてはいるものの、内容自体が疑問。
3歳くらいから当てはまる子もいるし、小学生になっても出来ない子もいるわけで。

例えば、6歳児の特徴として
●身近な大人に甘え、気持ちを休めることもある
●試行錯誤しながら満足がいくまで遊びを楽しもうとする
・・・。
こんなのどの年齢の子だって当てはまるし!!

「さすが、お役所が出す文章なだけあって、納得いかないな~」と心の中で文句言いながらやっているから、勉強がはかどらないこと、はかどらないこと(笑)。
この調子じゃ今年も無理かも知れません。


にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。