FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やられちゃったな~

20110118-1.jpg

20110118-2.jpg
いつもの甘えんぼさんです。


20110118-3.jpg
ミケは、温風が直接当たる所か、


20110118-4.jpg
ボロボロになった、せっま~いダンボールの中がお気に入りのようです。
お気に入りなのに、なぜボロボロにするのか・・・。
入っても良し、齧っても良し、といったところでしょうか。

さて、先日、と~~~っても感動する本を読みました。
百田直樹さんの「影法師」という小説です。
江戸時代、武士、百姓一揆、干拓事業、男の友情・・・というのがキーワードなので、今までは絶対に手をとらないようなジャンルなのですが・・・。

ある人が、いつもいつも絶賛しているので、つい手に取ってしまいました。
その人いわく、「最後の20ページを50回読んで50回泣いた」とのことです。
基本的にその人はいつもとてもふざけた人なので、半信半疑で読んでみたのですが、読みはじめて、冒頭から引き込まれ、一気読み。
最後は本当に涙、涙で、読み終わっても涙が止まらないくらい。思い出しても涙が出そうになるくらい(笑)。

ふざけた人の言っている事は本当でした。

ある優れた武士が、竹馬の友の為に、出世コースからわざと外れるようなことをして、姿を消し、浪人となり、密かにその竹馬の友を助けていたというストーリーです。
そして竹馬の友がそのことを知ったのは、彼が亡くなって数年後。・・・というなんとも切ない結末でした。

こういうダイナミックな物語は読みつけないので、本の世界からこちらの世界に戻ってくるのに時間がかかりました。

この本を絶賛していたふざけた人というのは、高田純次さん。
毎週土曜日のラジオでいつもいつもこの本の話をしていたのでした。
高田さんを見る目が変わります。


影法師

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぼろぼろのダンボール、捨てられませんよね~。
ある程度大きいものより、小さい方が、この季節は快適なようです。

「日本一 心を揺るがす新聞の社説」、私も機会があったら是非読んでみたいです。
読書をするのは大体眠る前なので、少しでも心が温かくなる物を読みたいな、と思う今日この頃です。

抱っこされてるたまみちゃんも
箱で爆睡してるミケちゃんも幸せそうです(^^)
ホント猫って箱とかカゴとか大好きですよね♪
ウチもぼろぼろの段ボールで遊んでますよ(笑)

「影法師」良さそうですね♪さっそく探して読んでみますe-287
私は「日本一 心を揺るがす新聞の社説」(ごま書房新社)に感動しました。
みやざき中央新聞の社説をまとめたものなんだけど
なかなか感動したり、ほのぼのしたりする話がたくさんでしたよ(^^)

v-22いたずらっこさん

「影法師」是非是非読んでみてください!!
文庫本にもなっているようです。

いたずらっこさんの洞察はさすがです!
高田純次さんは、下ネタとか言ってもいやらしくないんですよね。
子どもたちも大好きです。
ウチの子たちは、高田純次さんや、みのもんたさんや、グッチ裕三さんが特に好きみたいです。
共通する雰囲気がありますよね。

ふざけた人とかのこさんが絶賛する本読んでみようかなぁ~☆
ふざけた人って高田純次さんなんですね
私、高田氏はとても頭の回転の良い人だと思ってます
立て板に水のようなトークでも、ちゃんと笑いのツボを押さえてて
言って良い事と悪い事を言いわけて
ふざけていても人を不愉快にさせませんよね~
そんな人がたまに真面目な事言うと
その気になるのよね♪

なんか、かのこさんが泣きながら本を読んでて
たまにテッシュで鼻をかんで(・・・し、、しつれいしました(笑))
それを不思議そうに見てるミケちゃんとたまみちゃん
そんな光景が目に浮かんできました♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。