FC2ブログ

モンゴメリ日記

朝晩は涼しいけれど、日中は残暑が厳しい埼玉です。
窓辺で寛ぐたま美さん。

20110910-4.jpg

20110910-3.jpg
20110910-1.jpg

20110910-2.jpg
家の中ではこんな感じ。
足がちょっとウサギっぽいです。






モンゴメリ日記〈1897~1900〉―愛、その光と影モンゴメリ日記〈1897~1900〉―愛、その光と影
(1997/01)
L.M. モンゴメリ

商品詳細を見る


さて、今日はアマゾンの古本で買った「モンゴメリ日記」が届きました。
まだ半分くらいしか読んでいないけれど、結構面白いです。

「容姿の点では、H氏は驚くべき被造物。残り物から造られていて、すべての部分があべこべにくっついているように見える!」
とか、
「もちろん好きな子も二、三人はいたけど、大部分の子はちっともかわいくなかったーーーがさつで、愚かな、怠け者。子供たちよ、永遠にさようなら。少しも残念に思わないわ!」(モンゴメリは学校の先生をしていた)
とか、
「ここの人々は、三家族を除いては、完璧な野蛮人。」
とか、すごい毒舌(笑)。
理性的で賢い人ほど、心の中ではこんなことを考えるものなのだな・・・と。

敬虔なクリスチャンで、つつしみ深く、どんな時にも自らの本心をさらけださない女性であったようですが、日記で鬱憤をはらしていたのでしょうね。
他にも日記シリーズがあるようなのですが、他のも絶対買おう!と思います。



にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

スポンサーサイト